ニュース

2008年8月 6日 (水)

平和宣言の日

広島に、原爆が投下されてから63年が立つ

約14万人・・広島への原爆で尊い命を奪われたと推計される数だ。
人それぞれに人生がある。親があり、子があり、友人がいる。
将来の夢も。

あの日、それが一発の爆弾で消え去った。

広島に住んでいる彼の家のお墓参りにいったとき、広島の原爆は歴史の中のことから現実にあったことだという認識に変わり、鳥肌が立った。

63年たった今でも「生き残った」ことへの罪悪感を消せないでいる被爆者がいる。筆舌に尽くせぬ差別に泣いた人もいる

一方で、原爆の惨劇を知らぬ世代が、確実に増え続けている。憂うべきは風化であり、無関心である。だからこそ、伝え残さねばならない真実がある

広島・長崎の悲惨な体験を再び世界の人々が経験することのないよう、核兵器をこの地球上からなくし、いつまでも続く平和な世界を確立できるよう

一歩を踏み出す日である

「民衆の力を結集すれば、世界を変えていくことが必ずできる」

| | コメント (2) | トラックバック (0)